2017年度JDS派遣生が決定しました

    JICE JDSキルギスプロジェクト事務所は、キルギス日本センターの一室に事務所を構え、当センターとは特に日本留学に関する情報共有等で協働しています。JDS(Project for Human Resource Development Scholarship by Japanese Grant Aid)とは、日本政府がサポートする人材育成奨学計画で、若手公務員を対象とした2年間の修士号取得プログラムです。キルギスからは2006年度に開始し、以降毎年15名が派遣されていますが、この度、2017年度の派遣生が決定したということで、JDS事務所からお話を伺いました。

 「2017年度は、9省庁(大統領・首相事務局、議会事務局、財務省、国家情報技術・通信委員会、オシュ市議会、国家統計委員会、首相府、運輸・道路省、農業・食品工業・土地改良省)に配属する15名の公務員が、高い競争率の中から選考されました。15名のうち、7名が本プログラムへの強い意志を持つ、過年度からの再受験者でした。15名は、英語や数学の研修を経て8月下旬から9月に日本に出発し、立命館大学大学院(国際関係研究科、経済学研究科)、国際大学大学院(国際関係学研究科、国際経営学研究科)、明治大学専門職大学院(ガバナンス研究科)、広島大学大学院(国際協力研究科)、筑波大学大学院(生命環境科学研究科)の5大学で英語による修士プログラムを開始します。

 帰国後には日本で学んだ専門知識を直接政策立案や実施に活かして活躍することが期待されています。プログラム開始以降派遣生は、今年度の15名を含み、延べ12大学で合計176名、来年度の募集は8月初旬開始予定です。」

 キルギス日本センターでも随時情報を掲載致します。




関連ニュース
2016年12月19日
2016年11月16日
2015年11月26日
2015年11月3日および4日に通算6回目に当たる「キルギス日本留学フェア2015」が、今年もキルギス国立総合大学とビシケク人文大学の2つの大学を会場として開催されました。本邦から、大阪教育大学、国際大学、筑波大学、立命館アジア太平洋大学、日本学術振興会の合計5機関が参加しました。 2日間の合計来場者数は約650名と会場収容人数を上回り、立ち見となった来場者も多く出ました。来場者は会場校の学生を中心に、例年よりも他校の大学生、高校生が多く来場した模様で、日本留学がより身近になってきていることが覗えます。 もっと読む>>
お知らせ
2017年4月11日
東海大学は「Tokai Cool Japan」プログラムへの参加申し込みを受け付けています。 もっと読む>>