第19回中央アジア日本語弁論大会

2015年5月2日、ウズベキスタンのタシケントにおいて「第19回中央アジア日本語弁論大会」が開催されました。出場者はカザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、キルギスの5カ国から16名でした。キルギスを代表して4名の学生が出場し、キルギス日本センターからは中級Ⅰクラスのボロットベックさんと中級Ⅱクラスのエルビーラさんが参加しました。エルビーラさんは本大会で見事第一位に輝きました。以下参加者の大会についての感想です。

現在、私も総合大学の国際学部の教師をしています。聴衆を引き付ける技能が私にとって重要な役割を果たしています。授業で、学生がただ聞くのではなく、むしろ、一つ一つの言葉に注意して、科目に興味を惹き起こすように努力しています。

私の人生のもう一つの愛するものは日本語です。日本語の美しいメロディーに引かれて、この言語を勉強しようと思いました。キルギス日本センターや毎年の日本語弁論大会のおかげで、私のこの二つのことが実現できたことで、大きな喜びを覚えています。

中央アジア弁論大会の様々なテーマのおかげで、隣国の住民が、どんな課題を抱えているかがより良く分かります。この大会は、多くの参加者と同じく、私にとっても、大好きな日本語の上達がはかれるし、これからの勉強の刺激にもなります。

驚くほど美しい町、タシケントで行われた中央アジア日本語弁論大会で第一位になって、とても嬉しいです。優勝の感激はまだ消えていません。自分の考えを大勢の人の前で、日本語で表すことは極めて得難い経験です。

大会の主催者やキルギス日本センターに心から感謝を申し上げたいと思います。このようなイベントは学習者の興味を高め、日本語が上達するための刺激になりますから、もっとたくさんあれば良いと思います。
                                                                                                                                                                                          ニヤザリエワ・エルビーラ

うれしいことに、中央アジア弁論大会に2回参加できました。今回の大会が特にタシケントで行われたこともうれしいです。長い間、タシケントを訪問するのが夢でしたから。とても良い印象ばかりでした。弁論大会について言えば、初めて参加した時と同じく緊張していました。でも、私にとってそれはとてもいい経験だったと思います。大会の準備で私のレベルも上がりました。
                                                                                                                                                                                          アブダゾフ・ボロットベック




関連ニュース
2017年3月11日
2017年2月14日
2017年2月3日、キルギス日本センターは2016年9月から2017年1月の日本語講座の修了式を実施しました。まるごと入門、初級1、初級2、中級1、中級2の5つのクラスから、35名の修了生が出席し、在キルギス共和国日本国大使館から、原田和哉参事官と中川友里書記官が修了生の祝福にお越し下さいました。 もっと読む>>
2016年12月22日
お知らせ
2019年2月21日