書き初め大会

2017年1月21日、キルギス日本センターは新年の恒例行事である「書き初め大会」を実施しました。日本語を勉強している人、書道講座を受講したことがある人、筆を始めて触る人、在留邦人、等々、約60人が参加し、手本の文字や自由に書きたい文字を静かに集中して書く、特別な時間を共に過ごしました。

同時に、キルギスの書道経験者を対象とした書き初めコンテストを実施し、当センターの書道サークルで活動する9名が参加しました。書道サークルは毎週土曜日に自主的に集まって書道活動をしていますが、コンテストでは課題の「誠心誠意」「一期一会」「日進月歩」等の四文字熟語から好きなものを選んで取組みました。金賞に選ばれたのは、日本語を勉強しているタットゥーさんで、書道歴は2年。丁寧に「一生懸命」と書いた作品が光っていました。コンテスト出場作品は、当センターにしばらく掲示していますので是非ご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=zEdzz4x_f5Y 

 

         

        




関連ニュース
2017年6月2日
                                        JICAボランティア 改田 雅典  もっと読む>>
2017年3月21日
3月14日、一日日本文化講座「百人一首」で、受講者はかるた作りに挑戦しました。まず、ミニ講義で百人一首についての理解を深めました。15名の受講者全員が日本語学習者ではく、百人一首を体験してみることは難しいため、代わりにかるたを作り、その作ったかるたでかるた取りを体験しました。かるた作りでは読み札を作るグループ(日本語学習者)と取り札を作るグループ(日本語未修者)に分かれて、協力しながら作りました。かるた取り体験では、参加者が新しく知る日本の文化に目を輝かせての白熱した試合を見ることができました。 もっと読む>>
2017年3月14日
3月7日、一日日本文化講座「こけし」を実施しました。ミニ講義で「こけし」について理解を深めた後、無地のこけしに受講者一人一人が自分自身のデザインを元に色を付けました。この世に一つだけの独自のこけしが完成し、受講者の満足気な様子が印象的でした。日本の伝統的なこけしの模様を上手に模倣したものや、マトリョーシカに見えるもの、にそっくりな模様の物や、マトリョーシカのような模様をしたものもあり、それぞれの個性が大きく反映され、どれもとても素敵でした。 もっと読む>>
お知らせ
2017年5月22日
キルギス日本センターは、毎年恒例の「さつき祭り」を、以下の日程で開催します。 もっと読む>>