「ルフ・オルド」ってなんでしょうか?

チョルポン・アタの東側湖畔には、「ルフ・オルド」という大きな公園があります。「ルフ・オルド」とはキルギス語で「精神的なセンター」という意味です。「神様は一人である」という独自の思想のもと、イスラム教、正教会、カトリック、仏教、ユダヤ教、世界の五大宗教が団結する場所とされています。宗教・文化センターであるこの公園では、夏にはコンサートも行われ、市民の憩いの場となっています。