筑波大学のインターン生にインタビューしました

- どのようにキルギス日本センター(KRJC)へのインターンシップに申し込んだのですか?

私は学校のロシア留学プログラム*の一環として学校を通じ、キルギス日本センターへのインターンシップに申し込みました。今年の9月から一年間ロシアに留学することが決まっていて、その事前研修としてこのインターンシップに申し込みました。

(*正式名称:大学の世界展開力強化事業 http://genis.jinsha.tsukuba.ac.jp/ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム)

- なぜKRJCを選んだのですか?

まず一つ目の理由はキルギスという国に興味があったからです。「旧ソ連圏」であるという歴史、多くの方が「イスラム教」を信仰しているという現状、「貧困国」であるという特徴を持つキルギスという国がどういう国なのか興味があったからです。二つ目の理由は日本の文化をより多くの人に広めることに興味があったからです。日本のソフトパワーを広めるにはKRJCが最適だと考えました。

- インターンシップでの不安や期待はありましたか?

人生で初めてのインターンシップとして働くという経験で、出発前は多少の不安がありました。ロシア語が喋れないことや仕事という責任の重さ、仕事が遅いとか気が利かないと思われたらどうしようなどの不安はありました。しかし同時にロシア語圏で働けることや新たな出会いには胸を膨らませていました。

- 実際には…?

インターンシップは私のペースで仕事ができたので、インターン前に抱いてた不安も直ぐに消えました。一緒に働かせていただいたKRJCの職員の方々も皆優しい方ばかりで、毎日ランチを一緒に食べに行ったりと,楽しいインターンシップとなりました。JICAや大使館の方々とも仕事の関係でお会いする機会があり、見識の広がる大事な経験にもなりました。現地の学生とも交流する機会が多く、友達もでき、あっという間にインターン期間の一カ月が過ぎ去ってしまいました。

- このインターンを通し学んだことや得たものは何ですか?

主に3つあります。1つ目はロシア語が話せないという危機感。2つ目はキルギスにおけるコミュニティ。3つ目はインターンシップで得た経験です。1つ目のロシア語に対する危機感を感じた理由は9月からロシアに留学するいうにもかかわらず、全くもってロシア語を理解できなかったからです。日本語とはかけ離れた発音を持つロシア語の単語を覚えるのが苦手だという事に気づくことができました。単語を覚えることに人よりも時間がかかるため人一倍努力する必要性があると感じました。

2つ目にコミュニティを挙げた理由は、お互いに助け合える友達がキルギスにたくさんできたからです。一緒にご飯に行った友達が日本に更に興味を持ってくれた時はとても嬉しかったです。今回出会った友達といつか日本で出会えることがとても楽しみです。

3つ目に挙げた経験は、語学が通じないところに住んだという経験と実際に働いたという経験です。私にとってこの2つの経験は大きな自信になったと同時に多くの反省点を浮き彫りにする大事な経験になりました。

- インターンシップ前に思い描いていた目標は達成しましたか?

私がインターン前に考えた目標は3つあります。ロシア語に慣れること、友達を作る事、そしてキルギスの文化や歴史、経済などを知ることの3つです。1つ目のロシア語に慣れることは、新たな課題を発見するとともに達成できました。2つ目の友達を作ることも達成できました。しかし3つ目のキルギスを知ることは半分は達成できましたが、半分はまだだと思います。キルギスの雰囲気や国民性・文化などは直に触れて感じることができましたが、キルギスの経済や政治、それに対するキルギス人の思いなどは知ることができませんでした。キルギス人の思いを理解するには更なるロシア語能力の向上が求められると感じました。

- 橋本さんがこのインターンで得た新しい経験は何ですか?

私にとって実際に仕事として働いてる方々と一緒に仕事することは初めてで、7時間労働週5日の生活が新鮮でした。自分の受け持つ仕事に責任を持ち、仕事仲間と協力してプロジェクトを成功させる経験は、インターンだからこそ得ることのできた経験だったと思います。観光目的で海外を訪れる時とは違い、時間にある程度の制約がある中で観光も楽しまなくてはいけないことも、大変でしたが良い経験になりました。

- これからKRJCへの海外インターンシップを考えている方々に何かアドバイスはありますか?

日本の文化を広めたい!海外で働いてみたい!という方には特におすすめです。KRJCはとても温かい場所で、海外という事を感じないほど快適に仕事することができます。ロシア語も喋れる必要ありません。支援体制も整っていて、日程やプロジェクトもインターン生を中心に作られます。なので迷ってるならまずは参加してみることをお勧めします!「一見は百聞に如かず」です!




関連ニュース
2017年1月16日
2016年9月30日
2016年8月31日
    2016年8月4日から12日の期間、キルギス日本人材開発センターは第2回となる名古屋大学「PhDプロフェッショナル登龍門」研修プログラムを実施しました。 もっと読む>>
お知らせ
2017年4月25日
この度、ピアニスト 浜野与志男 氏 https://www.yoshiohamano.com/biography/のコンサートが開催されます。 もっと読む>>